渡辺麻友 まゆゆ 激推し 麻友のために

まゆゆこと渡辺麻友(AKB48)のための非公式応援サイト。まゆゆの最新情報や高画質画像などまとめてます。世界一渡辺麻友が好き。



    渡辺麻友 インスタグラム
    https://www.instagram.com/watanabemayu_official/


    ストーリーにも投稿があったようです。

    2018年01月28日放送
    松田 誠
    演劇プロデューサー

    大人気“2.5次元ミュージカル”仕掛け人に密着。
    『テニスの王子様』『刀剣乱舞』から乃木坂46に渡辺麻友の新プロジェクトまで…ムーブメント作りの裏側にカメラが迫る!

    漫画やアニメ、ゲームの有名作品を原作とした舞台演劇“2.5次元ミュージカル”。2次元の漫画やアニメと3次元のリアルな舞台の中間としてファンから自然発生的に名付けられた名称だが、『テニスの王子様』『NARUTO-ナルト-』『黒執事』など有名漫画が続々と舞台化され、斎藤工、城田優、加藤和樹といった人気実力派俳優を多数輩出、今や若手俳優の登竜門にもなりつつある。原作の世界観はそのままに、生身のキャストと斬新な演出によって新たな魅力を生み出すとして、海外からも注目を集めるこの“2.5次元ミュージカル”の仕掛け人が、演劇プロデューサーの松田誠(50歳)だ。
    番組では、最近特に人気が高い作品ミュージカル『刀剣乱舞』の出演俳優たちが集結した大型ライブ『真剣乱舞祭2017』をプロデュースする松田に密着。原作は名だたる刀剣が戦士の姿になった刀剣男士を育成していく大人気シミュレーションゲームで、佐藤流司、黒羽麻璃央らが「刀剣男士」を演じている。今回、初めて中国広州で公演することになったが、現地では思いもよらないトラブルに見舞われる。
    さらに、実はブレイク前から乃木坂46に関わって来た松田が、1期生、2期生、3期生から選抜したメンバーでキャストを構成する舞台や、AKB48を卒業した渡辺麻友の舞台を手掛ける姿もお伝えする。
    常時30件を超えるプロジェクトを抱え、「ライバルは東京ディズニーランド」と語る演劇プロデューサーが見つめる「舞台演劇の未来」とは。走り続ける50歳の背中を追った。


    松田 誠
    1967年東京都出身。日本2.5次元ミュージカル協会代表理事。ネルケプランニング代表取締役会長。演劇プロデューサーとして人気漫画『テニスの王子様』を2003年に初めてミュージカルにするが、当時は“人気漫画作品の舞台化”と言っても馴染みが薄くチケットの売れ行きも決していいものではなかった。しかし、その後口コミで爆発的な人気となりシリーズ化。『美少女戦士セーラームーン』『黒執事』『NARUTO-ナルト-』などの舞台化を次々と手掛けいずれもチケット入手困難な人気作品となる。「趣味が仕事」豪語する50歳。体型維持のトレーニングは欠かさず、取材ディレクター曰く「30分・60分・90分と自分でコースを作って何故か毎回上半身裸で鍛えている姿がちょっと面白いです」

    jt1 【1月28日情熱大陸 演劇プロデューサー松田誠 渡辺麻友の舞台を手掛ける】の続きを読む

    0585b27134d07256294b3929d8dbcdf9ab072d34

    ミュージカル『アメリ』
    東京公演
    2018年5月18日(金)~6月3日(日)
    天王洲 銀河劇場

    大阪公演
    2018年6月7日(木)~6月10日(日)
    森ノ宮ピロティホール

    【原作】 『アメリ』(ジャン=ピエール・ジュネとギヨーム・ローランによる映画に基づく)
    【脚本】 クレイグ・ルーカス
    【音楽】 ダニエル・メッセ
    【歌詞】 ネイサン・タイセン&ダニエル・メッセ
    【翻訳・訳詞】 滋井津宇
    【演出】 児玉明子
    【音楽監督】 斉藤恒芳
    【キャスト】 主演:渡辺麻友 他

    渡辺麻友主演 アメリ公式サイト
    http://musical-amelie2018.com/


    昨日の渡辺麻友のドキュメントで流れたアメリのCM?告知動画は↓
    http://www.mayuyu.jp/img/ameri.mp4

    まゆゆの舞台、本当にうれしいですね。

    実は私、こう見えてミュージカルやお芝居は結構好きでたまに見に行きます。
    想像できないでしょうが、バレエを見に行ったこともあるんですよ。

    さて、これを期に初めて舞台を見に行くという方も多いのではないでしょうか。
    当たり前のマナーを書き出してみましたので参考にしてください。

    ●応援ボードやペンライト・うちわの使用は、基本的にはNG
    (使用が可能な公演はホームページにその旨が書いてある)
    ●他の観客の妨げにならない
    ●私語は厳禁
    ●上演中出演者の名前を呼ぶ等はNG
    ●飲食不可

    ↓のサイトもとっても役に立ちます。

    【初心者必見】舞台観劇におすすめの持ち物7選と最低限の3つのマナー(観劇ライター)
    http://un-chiku.com/theater_going/

    ネルケプランニング はじめての観劇案内
    https://www.nelke.co.jp/guidance/index.html

    133737

    main

    133736

    003_size10 (2)

    messageImage_1516665129724
    中日スポーツ
    まゆゆ初の単独主演舞台 5月からミュージカル「アメリ」

     昨年末にAKB48を卒業した渡辺麻友(23)がミュージカル「アメリ」(児玉明子演出)で舞台に単独初主演することが決まった。2001年にフランスで公開され、1週間で120万人の観客動員を記録した同名大ヒット映画を舞台化。昨年4月にニューヨークのブロードウェーで上演され、話題を呼んだ名作が日本で初演を迎える。

     渡辺が演じる主人公の少女・アメリは、周囲の人々とのコミュニケーションが苦手で、人々を観察しては日々想像力をふくらませて楽しんでいたが22歳のとき、ある出来事をきっかけに他人を幸せにすることに喜びを感じ始める。その一方で自分自身も不思議な青年ニノに恋をするが、気持ちを素直に打ち明けることができずにいる。そんなアメリの日常を描いたロマンチックコメディーだ。

     渡辺は「以前からミュージカルが好きで海外まで足を運ぶほど愛情を注いでいるのですが、そんな私のミュージカルの、しかもブロードウェー上演作品に抜てき!というお話をいただき、目が飛び出るほど驚きました」と喜びを語っている。

     その上で「(主演に)選んでいただいたからには今の私に出せる全ての力を注ぎ、全身全霊で務めさせていただきたいと思っています」と気合十分だ。

     映画版では、仏女優オドレイ・トトゥが演じたアメリの髪形や、アメリがクリーム・ブリュレの表面をスプーンで割って食べるかわいらしい動作をまねる女性が続出するなどの社会現象が起きた。AKBを卒業した渡辺にとって、本格的な女優の道への大きな一歩となる作品になりそうだ。

     演出の児玉さんも「渡辺麻友さんがアメリを演じられることは非常に魅力的でして、日本の中でこれだけベストなキャスティングはないと思っております」と、渡辺の熱演に期待を込めながら「ブロードウェーミュージカルがオリジナルではあるのですが、私自身、新作の大作ミュージカルを創る意気込みとエネルギーで臨む覚悟です」とコメントを寄せた。

     東京公演は5月18日~6月3日、天王洲銀河劇場で。大阪公演は6月7~10日、森ノ宮ピロティホールで。
    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2018012302000204.html
    日刊スポーツ
    渡辺麻友、AKB卒業後初舞台アメリに「全身全霊」

     昨年末にAKB48を卒業した渡辺麻友(23)が、ミュージカル「アメリ」(5月18日~6月3日、東京・天王洲銀河劇場ほか)に主演することが22日、分かった。初舞台で主演にも抜てきされ「選んでいただいたからには、今の私に出せる全ての力を注ぎ全身全霊で務めさせていただきます」と意気込んでいる。

     これまでAKB48のメンバーとしてアイドル活動だけでなく、フジテレビ系「戦う!書店ガール」(15年)でプライムタイム連続ドラマで主演するなど、女優としてソロ活動も行ってきたが、舞台出演は初めて。もともとプライベートで足しげく劇場に通うなど演劇好きとして知られる。昨年や卒業後の今月には、米ブロードウェーをはじめ、海外にも足を運ぶ熱の入れようだ。それだけに、主演と聞いた際は「目が飛び出るほど驚いた」という。

     同作品は、日本でも興収16億円を突破した仏映画「アメリ」(01年公開)に基づいて作られたミュージカル。昨年4月、米ブロードウェーでも上演された。パリのモンマルトルを舞台に、渡辺が演じる空想が大好きなちょっと変わった女の子・アメリの、日常と恋をチャーミングに描いたロマンチックコメディーだ。

     演出を担当する児玉明子氏は「渡辺麻友さんがアメリを演じられることは非常に魅力的で、日本の中でこれだけベストなキャスティングはない」と絶賛。卒業後、女優として本格的に活動する第1歩となる渡辺も「映画版のファンの方もたくさんいらっしゃる。見ていただけた方々に少しでも共感していただけるようなアメリ像を目指して、しっかり役作りをしてまいります」と話している。
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201801230000061.html
    サンスポ
    まゆゆ、パッツンもショートもキュート♪初舞台のミュージカル「アメリ」で主演

     昨年末でAKBを卒業し、女優として歩き始めた渡辺が、世界的に有名な同名フランス映画のミュージカルで新境地を開く。

     卒業後初仕事となる「アメリ」は、フランスで最も権威のあるセザール賞で4冠を獲得した大ヒット映画が原作。パリ・モンマルトルを舞台に空想好きで内気な女の子・アメリの日常と恋を描いた物語だ。

     映画版は日本でも興収16億円を突破。フランスの実力派女優、オドレイ・トトゥ(41)が演じた主人公の“パッツン前髪”や大好物のクレームブリュレは社会現象に。昨年4月には米ブロードウェーでミュージカル化され、世界中の注目を集めた。日本版の製作が決まり、主演に抜てきされたのが渡辺だ。

     製作側はフジテレビ系「戦う!書店ガール」でのお嬢様役やテレビ朝日系「サヨナラ、えなりくん」の恋多き女など渡辺の幅広い演技力に着目。「無垢な少女と大人の女性の魅力を併せ持った非常に稀有な存在。日本版のアメリは彼女しかいない」と太鼓判を押す。
    http://www.sanspo.com/geino/news/20180123/geo18012305050009-n2.html
    スポニチ
    まゆゆ AKB卒業後ソロ初舞台で「アメリ」主演!「目が飛び出る驚き」

     昨年12月でAKB48を卒業した渡辺麻友(23)が、ソロ初舞台にして初のミュージカル主演を務める。

     日本でも興収16億円を突破した仏映画を原型にしたブロードウェーミュージカル「アメリ」の日本初演で、空想好きのちょっと変わった主人公アメリを演じる。

     「以前からミュージカルがとても好きで海外まで足を運ぶほどの愛情を注いでいるのですが、そんな私がミュージカルの、しかもブロードウェー上演作品の主演に抜てき!目が飛び出るほど驚きました」と、ソロとなっていきなりの大役に興奮を隠せない様子。「喜びと不安が交互に押し寄せていますが、今の私に出せる全ての力を注ぎ全身全霊で務めさせていただきます」と気合十分だ。

     元々、宝塚歌劇の熱烈なファン。AKBの中心を担い続けながらミュージカルへの情熱は高まり続け、ここ数年は「自分でも演じてみたい」とメンバーに打ち明けていた。この熱意が関係者に届いての抜てき。配役の担当者は「無垢(むく)な少女の魅力と大人の女性の魅力を併せ持つ。日本版のアメリは彼女しかいないと直感した」とほれ込んでいる。

     昨年春に主演が決まってから映画を見たというまゆゆは「周囲とコミュニケーションが取れない不器用さ、妄想癖があることなど勝手に自分と重ね合わせていました」と感想。AKBで10年にわたり恋愛禁止を貫いてきたこともあってか、「恋に落ちた相手に徐々に心を開く様子など、うまく演じられるだろうかと妄想しながらドキドキしてます」と気持ちは日増しに高まっている。「作品のファンの方にも、少しでも認められ共感していただけるようなアメリ像を目指します」と意気込んだ。

     東京公演は5月18日〜6月3日、天王洲銀河劇場で上演。

     ▼「アメリ」 映画は01年4月仏で公開。監督ジャン=ピエール・ジュネ。主演はオドレイ・トトゥ。公開1週間で120万人、7月には800万人超を動員し、記録的なヒットに。不器用なアメリの日常と恋をチャーミングに描いた作風は「見る人みんなが幸せになる」と評判を呼んだ。日本でも同年11月に公開されヒット。クレームブリュレの表面をスプーンで割るシーンや、アメリの髪形をまねる人が続出した。ブロードウェーでは昨年4月に上演。
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/23/kiji/20180122s00041000303000c.html
    スポーツ報知
    まゆゆ、ミュージカル初挑戦で初主演!5月上演スタート「アメリ」

     昨年末にAKB48を卒業した女優の渡辺麻友(23)が、今年5~6月に上演されるミュージカル「アメリ」(演出・児玉明子)に主演することが22日、分かった。01年に公開され、日本でも大ヒットした仏映画の舞台版で、渡辺はミュージカル初挑戦、初主演となる。

     大みそかのNHK紅白歌合戦でステージにマイクを置いたばかりのまゆゆが、早くも念願のミュージカルに挑む。「アメリ」は仏モンマルトルを舞台に、空想が大好きなちょっと変わった女の子・アメリの日常と恋をチャーミングに描いたハートフルコメディー。

     仏女優オドレイ・トトゥ(41)主演の映画は、日本でも小規模仏映画では異例の興行収入16億円を突破。主人公の髪形やクリームブリュレをスプーンでたたくしぐさをまねるファンが続出し、社会現象にもなった。昨年4月、米ブロードウェーで映画を基に初ミュージカル化。今年、日本でも上演されることが決まった。

     まゆゆはAKBメンバーの中で群を抜くミュージカル好きとして知られ、多忙の中で海外の劇場にも足を運んでいたほど。昨年3月、ミュージカル界のプリンス・井上芳雄(38)のテレビ番組に出演した際にも「いつかミュージカルに挑戦したい」と話していたが、早くも念願がかなった形だ。

     まゆゆは「目が飛び出るほど驚きました。同時にうれしい気持ち、不安が交互に押し寄せてきては舞い上がったり落ち込んだりしていましたが、選んでいただいたからには今の私に出せる全ての力を注ぎ全身全霊で務めさせていただきたい」と気合たっぷり。演出の児玉氏は「日本の中でこれだけベストなキャスティングはない」と太鼓判を押している。

     公演は5月18~6月3日に東京・天王洲の銀河劇場、6月7~10日に大阪・森ノ宮ピロティホールで。
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180122-OHT1T50227.html

    情熱大陸予告のキャプ

    3

    2

    1
    大人気“2.5次元ミュージカル”仕掛け人に密着。 『テニスの王子様』『刀剣乱舞』から乃木坂46に渡辺麻友の新プロジェクトまで…ムーブメント作りの裏側にカメラが迫る!

    漫画やアニメ、ゲームの有名作品を原作とした舞台演劇“2.5次元ミュージカル”。2次元の漫画やアニメと3次元のリアルな舞台の中間としてファンから自然発生的に名付けられた名称だが、『テニスの王子様』『NARUTO-ナルト-』『黒執事』など有名漫画が続々と舞台化され、斎藤工、城田優、加藤和樹といった人気実力派俳優を多数輩出、今や若手俳優の登竜門にもなりつつある。原作の世界観はそのままに、生身のキャストと斬新な演出によって新たな魅力を生み出すとして、海外からも注目を集めるこの“2.5次元ミュージカル”の仕掛け人が、演劇プロデューサーの松田誠(50歳)だ。
    番組では、最近特に人気が高い作品ミュージカル『刀剣乱舞』の出演俳優たちが集結した大型ライブ『真剣乱舞祭2017』をプロデュースする松田に密着。原作は名だたる刀剣が戦士の姿になった刀剣男士を育成していく大人気シミュレーションゲームで、佐藤流司、黒羽麻璃央らが「刀剣男士」を演じている。今回、初めて中国広州で公演することになったが、現地では思いもよらないトラブルに見舞われる。
    さらに、実はブレイク前から乃木坂46に関わって来た松田が、1期生、2期生、3期生から選抜したメンバーでキャストを構成する舞台や、AKB48を卒業した渡辺麻友の舞台を手掛ける姿もお伝えする。 常時30件を超えるプロジェクトを抱え、「ライバルは東京ディズニーランド」と語る演劇プロデューサーが見つめる「舞台演劇の未来」とは。走り続ける50歳の背中を追った。

    ↓情熱大陸のホームページで予告が見られます。
    http://www.mbs.jp/jounetsu/


    日本2.5次元ミュージカル協会というのがあるのですが、今後の2.5次元ミュージカルを調べてみましたが、まだ渡辺麻友がでるらしき舞台の情報はなさそうです。
    https://www.j25musical.jp/

    2/17(土)『Best Regards!』発売記念ソロライブ歌唱楽曲!ファンリクエスト投票スタート!

    2/17(土)カルッツ川崎で開催される、渡辺麻友 1stソロアルバム『Best Regards!』発売記念ソロライブにて、
    ライブで歌唱する楽曲のうち1曲をファンの皆様からのリクエスト投票で決めさせていただく予定です。

    過去のソロシングルに収録されたカップリング曲を中心に、
    25曲の対象楽曲の中から皆様の投票で1位になった曲を当日披露いたします。

    皆様の沢山の投票をお待ちしております!!また投票の際には、選んだ理由も一緒にご記入ください!



    ■投票受付期間

    2018年1月15日(月)12時00分 ~ 2018年1月22日(月)23時59分


    ◆投票は下記URLより
    http://www.sonymusic.co.jp/event/101067


    対象楽曲は下記25曲
    マユユロイド
    サバの缶詰
    三つ編みの君へ
    新宿優等生
    ラベンダーのジュータン
    最初のジャック
    小指の微笑み
    残念少女
    ツインテールはもうしない
    いつでもそばにいてあげる
    恋を踏んじゃった
    サヨナラの橋
    2人の夜明け
    ハートのスープ
    地平線の彼方はどこにある?
    制服アイデンティティー
    キスのソナー音
    太陽と散歩
    強情な純情
    カズン
    女の子なら
    夕暮れと星空の間
    紛らしている
    横顔ロマンス
    トライアングラー

    渡辺麻友の卒業コンサート、卒業公演も終わり、AKB48としての最後のステージは紅白歌合戦を残すだけとなりました。

    みなさんがAKB48や渡辺麻友推しになったのはどんなきっかけでしたか?

    私はGIVE ME FIVEの個別握手会(初参加)で渡辺麻友さんの券を買ったのがきっかけでした。
    今でもなぜ渡辺麻友さんの券を買ったのかは覚えていません。入り口は小嶋陽菜や板野友美だったのに。

    そこから数年が経ち、握手会に行く、コンサートに行く。これで応援していると言えるのかな。なんかもっと応援する方法はないのかな?と思いながら、WEBの仕事で少し知識があったので、応援サイトのようなものを立ち上げてみました。2012年5月のことであります。

    当時はまだ激推しというほどでもなかったと思いますが、次第にアクセスが増えてきたりするにつれ、更新頻度も上がり、2013年12月からは約900日連続で毎日更新をするほどにもなりました。寝ぼけて日にちを間違えていて更新をしなかったあの日を抜かせば、1000日超えなのですが・・・

    そんな私でしたが、卒業が決まってからというもの、ほぼ更新ができておりませんでした。
    自分でも不思議なのですが、渡辺麻友の卒業がこんなにも空虚感があるものとは思いませんでした。

    卒業が決まってからは、神戸、岡山、名古屋、上海など、渡辺麻友を追いかけて追いかけて、空虚感を埋めることばかりしていて、このサイトの更新が手につきませんでした。卒業に関して、まとめられない。まとめたくない。そんな気持ちがありました。大事な卒業に関してまったく更新ができず申し訳ありませんでした。さすがの激推しも卒業で弱っていたんだとお許しください。

    数年分をたった一つの記事で振り返るのには無理があるので、今年の振り返りとさせていただきますが、正直上半期のことは覚えていない。そんな感じです。もちろん総選挙があり、今年もたくさんの人に協力してもらいながらがんばったのは覚えています。

    渡辺麻友が卒業発表をしてからは、卒業企画実行委員というものに参加させていただき、いままで見たことはあるけど、話をしたことない人たちと一丸となり活動をしてきました。

    多くの方と絡む機会があり、絡んでみるとみんないい人ばかりで。正直あの人たち嫌い。なんて思ってた人達とも話してみたらいい人達じゃないか!

    こんなに楽しいなら、もっと早く打ち解けていればよかったのに。とつくづく思いますが、渡辺麻友の卒業というきっかけがなければ、きっとそんなこともなかったでしょう。

    AKB48からの卒業を発表してから、渡辺麻友さんがAKB48としての活動を楽しんでいるように、私もヲタとしての活動を十分に楽しませてもらいました。そのときはそんな風に思っていませんでしたが、振り返るとそんな感じでした。

    空虚感いっぱいでしたが、最後の日となると、渡辺麻友さんへの感謝やこのサイトの読者さん、絡んでくださったみなさんへの感謝の気持ちが溢れ、自然と管理画面に向かえています。

    渡辺麻友さんが卒業したら、ここはどうなるのか。

    現時点でサイトを閉鎖するつもりはありませんが、更新内容についてはどのようにしていくかはっきりと決まってはいません。

    昨年ころから、このサイトもtwitterも見ない人にどう情報を届けられるかということを考えていたのですが、そのひとつとして始めたのがSHOWROOMでした。
    ちゃっかり宣伝しますが、ここで不定期に配信をしています。
    https://www.showroom-live.com/c9d72642506

    1005401
    みなさんのおかげでこんなにかわいいアバターも作ることができました。

    サイトの更新もしないで、配信で空虚感を埋めていたといっても過言ではないですね。

    案の上、絡んだことない方、このサイトを見たことない方も多く見に来ていただいて、ネットという世界ではありますが、いままで以上にたくさんの方に情報をお届けできたのではないかと思います。

    この配信は不定期で続けていければいいかなと思っています。

    さて、私はAKB48というグループが大好きです。
    渡辺麻友が在籍していたグループ、渡辺麻友が卒業した後にどうなるのかがとても気になるので、渡辺麻友が残していったグループを少し見届けていこうと思っています。
    もしかしたら、渡辺麻友の幻影のようなものを追い求めにAKB48のイベントに行くのかもしれません。

    ヲタ卒をするという方も多いでしょうが、渡辺麻友が愛したAKB48というグループを少しでも気にかけていただけると私もうれしいです。

    書き留めてるわけでもなく、何日にも渡って書いたというわけではないので、あまりまとまりがない感じになってしまいましたが、今までたくさんの方にお世話になりました。サヨナラで終わるわけじゃないので、そんなにしんみりするつもりはありませんが、ひとつの大きな区切りとして、この場にてみなさんに感謝の気持ちを述べさせていただきました。

    本当にありがとうございました。

    さて、あと数時間で永遠の推し、渡辺麻友さんが卒業されてしまいます。最後も投票投票で気が気でない年末となってしまいましたが、AKB48らしいといえばそうかもしれません。
    みんなで21世紀のアイドルAKB48として最後の渡辺麻友を見届けましょう。

    最後のステージが最高のものとなりますように。と祈りながら。

    渡辺麻友 卒業公演 出演メンバーについて

    2017年12月26日(火)に開催致します、

    渡辺麻友 卒業公演の出演メンバーをお知らせ致します。

    【チームA】
    兼任メンバーを除く全10名

    【チームK】
    兼任メンバーを除く10名
    ※峯岸みなみはスケジュールの都合上、休演致します。

    【チームB】
    兼任メンバーを除く9名

    ※加藤玲奈はスケジュールの都合上、休演致します。


    【チーム4】
    兼任メンバーを除く全14名

    【チーム8】
    以下3名
    小栗有以(東京都)・坂口渚沙(北海道)・高橋彩音(埼玉県)

    【16期研究生】

    以下2名
    鈴木くるみ・山内瑞葵



    【姉妹グループ】

    以下5名

    松井珠理奈・山本彩・指原莉乃・宮脇咲良・北原里英



    総勢53名になります。





    劇場公演へのご応募はAKB48グループチケットセンター へアクセスして下さい。皆様のご応募・ご来場、心よりお待ちいたしております。

    https://ameblo.jp/akihabara48/entry-12337923263.html

    このページのトップヘ

    アクセスランキング