渡辺麻友 ねらわれた学園 11月10日全国ロードショーの映画「ねらわれた学園」で主演声優を務めるAKB48の"まゆゆ"こと、渡辺麻友が11日、報道陣の前で公開アフレコを行い、約100名の報道陣が詰めかけ、作品への期待の高さをうかがわせた。 映画の声優は初挑戦という"まゆゆ"は「みなさんに見られながらのアフレコで緊張しましたが、主人公のナツキは元気で活発な女の子なので、元気に演じることを心がけました」とコメント。 アニメ「AKB0048」でも声優にチャレンジしている彼女は、他に挑戦してみたい役を聞かれ「女の子の役が多かったので、少年の役などもやってみたいです」と今後の声優活動にも意欲をみせた。 また、作品にちなんで、もし超能力を使えるとしたら何をしたいかとの記者からの質問には「ワープをしてみたい」と笑顔で答えていた。 なお、渡辺麻友は主題歌も担当する事が決定している。 眉村卓原作の「ねらわれた学園」は、1981年に薬師丸ひろ子主演で映画化、翌年には原田知世主演でドラマ化され、いずれも大ヒットを収め話題になった作品。 現在までに計6回にわたり実写化されてきた話題作を、監督の中村亮介自ら脚本を執筆。(※内藤裕子との共著)時代を現代の中学校に置き換え、新しい解釈によるアニメ映画化が実現された。