shh1

渡辺「・・・遅いね」

柏木「遅いね。けっこう待ってるよ、私たち。」

渡辺「まだかなー遅いなー。今日の主役が来ない」

田名部「お待たせしましたー!」

柏木・渡辺「あっ!」

柏木「遅い!待ってたよ!」」

渡辺「なんか持ってる!あれ!?」

(たなみんの手にビール)

田名部「1軒目、ちょっと行ってきて…」

柏木「ハシゴしてきた?」

田名部「ハシゴしてきて」

柏木「ハシゴのときお酒は持って行かないでしょ!」

田名部「そのまま持ってきた♥ルービー♥」

渡辺「本物じゃん!自前?」



3期生10周年と じゃんけん優勝に乾杯

田名部「乾杯しましょ!めでたいですから」

渡辺「じゃあ」

田名部「3期生、10周年おめでとう!カンパーイ!」

柏木・渡辺「カンパーイ!」

渡辺「じゃんけん優勝もおめでとう!」

田名部「ありがとう~!」

渡辺「めでたいこと続きだね」

田名部「(グビグビグビ・・・)」

柏木「めっちゃ飲むやん!!(笑)」

田名部「あー!おいしい!!」

渡辺「ちょっと!2軒目なのに」

柏木「まあ、たなみんSHOW!ですからね」



「愛しきナターシャ」3期生3人で披露

田名部「そう。たなみんSHOW!やってもらって。まさか『愛しきナターシャ』を。この3人で」

柏木・渡辺「うれしい!」

渡辺「(ゆきりんは)初めてではないよね?」

柏木「でも、前さっしー(指原莉乃)が急に公演出られなくなって、ピンチヒッターで出ただけで」

渡辺「そんだけか。じゃあ初めてみたいなもんだね。うれしかったー」

柏木「うれしい!」

田名部「そもそも、じゃんけん大会が終わった瞬間に、『AKB48 SHOW!』さんが『たなみん、何がやりたい?』って言ってくださって。すぐ思いついたのが『愛しきナターシャ』で。『3期生でやりたいです!』って、その場でパッと言ったのが叶ったから、やった!と思って」

柏木「たなみんのじゃんけん優勝、めっちゃうれしかった」

渡辺「ねー!」

田名部「なんだろう、本当に。この期に及んで・・・ね(笑)」

<じゃんけん大会VTR>

田名部「やったー!!(涙)どうしよう・・・(涙)」

渡辺「お・・・こわーい!(涙)」

柏木「ちょっと!!(笑)」



本当にうれしかったじゃんけん大会

渡辺「自分のことよりもうれしかった」

田名部「いつもそう言ってくれるじゃん」

渡辺「ホントそう。めっちゃ泣いて」

柏木「めっちゃうれしかったよ。あの時さ、私は金髪のカツラかぶってて、(まゆゆは)なんだっけ?」

渡辺「私も金髪のプリキュア。2人ともなんか、ピンク・金髪」

柏木「(その格好で)『うぅ・・・!』って、意味わかんないやつになっちゃってたけど、めっちゃうれしかったの。超盛り上がったよね」

田名部「ありがとう。本当に」

渡辺「ちゃんと神様は見ててくれたんだなって思った」

柏木「確かに。曲もたなみんの良さがすごい出てた」

田名部「本当に?(笑)」

柏木「ミュージックビデオとかもそうだし、よかったなって思う」

田名部「うん」



強い絆で結ばれる3期生

柏木「多分ファンの方とかが思っている以上にここ(3期生)の絆はけっこう深いよね」

渡辺「深い深い」

柏木「ちゃんと心がつながってる感は、あるなって思う」

田名部・渡辺「うん」

柏木「『ここぞという時の3期』っていう気持ちはずっとある」

田名部「うん」

渡辺「ね。今日の『愛しきナターシャ』見ても思った」

柏木「うん、確かに」

渡辺「なんかやっぱ、通じてるよね」

田名部「すごくやりやすかった。なんだろう、初めてのはずなのに・・・」

柏木・渡辺「そう!わかる!」

渡辺「初めてじゃない感覚だったよね」

田名部「あれ?みたいな。やったことある?みたいな感じで落ち着いてできましたよ」

柏木「確かに。私と麻友の衣装がうまくいかなかっただけ、今日(笑)」

渡辺「あははは!ね(笑)」



衣装がおかしい・・・?

柏木「本当はね、逆だったんだよね衣装」

田名部「立ち位置的にはね」

渡辺「そうそう」

柏木「ホント、お互い似合わなくてやばかったよね!」

渡辺「私のその、襟の似合わなさの、小物感が」

柏木・田名部「(笑)」

渡辺「絶対私これじゃないって思って」

柏木「なんかさ、メンバーなのに偽物みたいになっちゃった。(衣装が)逆だとね」

渡辺「そう。ゆきりんも、これ(まゆゆの衣装)もなんか、ね」

柏木「なんか寂しい感じだった」

渡辺「だから交換して、すごいバランスよくなったよね」

柏木「そういうのも10年一緒にやってるからお互いのこともわかってきてるんだなって」

田名部「これじゃない、みたいな」

柏木「うん。これじゃない、あれ、逆?ってなったもんね」



3期生13人から この3人が残った

柏木「10年経った今、3期でこの3人が残ったんだ!っていう感じじゃない?」

田名部「もう奇跡です私(笑)ホントすぐ辞めると思ってて」

柏木「ホント?私も3年で辞めようと思ってたから」

渡辺「なんで?入った時にそう決めてたの?」

柏木「入った時に思ってた」

渡辺「なんで?なんで?」

柏木「高校3年間って思ってたの」


柏木由紀は3年で辞めるつもりで・・・?

渡辺「じゃあ大学行って、って普通に戻ろうと思ってたの?」

柏木「そう。普通に。鹿児島帰ろうと思ってたの」

田名部「まじか」

渡辺「えー!10年いるよ」

柏木「ね。やばいんだけど」

渡辺「ちゃんと考えてたんだね。偉い」



田名部は いつからこのキャラに?

柏木「(たなみんは)いつからさ、このキャラになったの?ずっと疑問に思ってて(笑)」

田名部「どのキャラ?」

渡辺「ステージでもちょっとは出てたけどこんな・・・」

柏木「最初はさ、結構、私の中では美少女系だった」

田名部「えー!うれしい」

渡辺「私も、オーディションの時そう思ったよ」



はじめは美少女キャラだった?

田名部「でもオーディションの時はバカにされないようにっていう前提で、自分を殺してた」

柏木「そんなに!?(笑)」

田名部「あははは!」

渡辺「自分殺せてたよ!」

田名部「殺せてた?(笑)」

渡辺「私も、第一印象すごいもん。めっちゃキラキラしてて。なんかオーディション、最後の発表の前にみんなで待ってるときにさ、スタッフさんに呼ばれたじゃん。一人だけ」

田名部「先にちょっとね」

柏木「先にね!覚えてる!」

渡辺「ちょっと話があります、みたいな。赤いタートルネック着てて。それもすごい目立ってて。で、呼ばれてったから、1人で先に。あの子絶対受かるんだ!って」

柏木「そう!思った!」

田名部「そうねー。そういうことがあったんですよー」

渡辺「あの子がたぶん3期のセンターなんだと思って」

柏木「わかる!めっちゃわかる!先に呼ばれるんだって」

渡辺「なんかでも、めっちゃエースって感じ。すごいね、輝きを放ってて」

田名部「うれしい」

柏木「あれは何で呼ばれたの?」

田名部「あれは、本当に『上京出来ますか?』みたいな」

柏木「あーなるほどね」

田名部「事前に確認みたいな感じ。心の中で『ウッシャー!!』って感じなんだけど、『ハイ。』みたいな感じ」

柏木・渡辺「あははは!」

田名部「『出来ます。』って(笑)ふふふ。ばれちゃった」

柏木「懐かしいな本当に」

渡辺「懐かしい」

田名部「懐かしいね」



入った当時の渡辺麻友は・・・?

柏木「麻友は?」

渡辺「私はあんまり印象ない」

柏木「でも覚えてるよ」

田名部「らぶたん(多田愛佳)と麻友と…」

渡辺「はるごん(仲川遥香)と一緒にいた。なんかね、年齢でちょっと、お姉さんはお姉さん(で固まる)みたいな感じでね」

柏木「オーディションの時からちょっと分かれてたし、決まってからもグループいっぱい分かれてたよね、結構最初は」



チームB年上と年下のグループがあって・・・

渡辺「私は多分若い子、らぶたんとか…」

柏木「うん、その時中学生」

渡辺「はるごんも、年齢はそっちだけどはるごんはなんかこっちにいて(笑)」

柏木「確かにはるごんて私と同い年だよ!なんでなんだろ」

渡辺「オーディションの時に、はるごんとずっと一緒にいて、絶対私より年下だろうなと思って」

柏木「わかる。小学生かと思ってた」

渡辺「すごい、キャイキャイ若いから」

田名部「キャイキャイ(笑)」



末っ子チームが気付けば先輩に

渡辺「年下の子だと思って仲良くしてて。で、受かって何歳?って聞いたら私の2つ上で(笑)うそ―!と思って(笑)」

田名部「(笑)」

柏木「ビックリした!」

柏木「気がついたら先輩だったもんね。ずっと後輩気分が抜けなかったから。(先輩はもう)みいちゃん(峯岸みなみ)しか。あとはもうココ(3期生)だからね」

渡辺「やばいよ」

田名部「全然先輩らしいこと出来てないんだけどなー(笑)」

柏木「先輩って思えないよね。自分で。」



田名部生来がブログで決意表明

柏木「たなみんがいっぱい夢書いてるやつ見た」

田名部「あー恥ずかしい!」

柏木「話して。その話」

田名部「えー。なんかね、最近卒業する、しないみたいな・・・」

柏木「考えるよね」

田名部「(周りからも)言われちゃうし。公演出るたびに・・・二人が公演出るとね、あたし卒業発表するんじゃないかって」

柏木「(3期生)揃ってるからって(笑)」

田名部「(笑)なんか言われてるらしくて。ま、そうだよな。揃うこともなくなってきたから、ここまでフルメンバー揃うと『たなみん言うんじゃないか』ってみんなビクビクしちゃうらしく」

柏木「心配なんだね」

渡辺「心配性だなー」

田名部「やっぱじゃんけん優勝してから、そもそも私の夢なんだったっけ?とか、いろいろ、今後AKB48を卒業してからの自分はどうやっていけたらいいんだろう?っていうことを、改めて考え直したりして。だから書かせてもらって。ブログとかにも。自分のやりたい夢だとか。今後こうしていきたいですっていうのを。AKB48の田名部生来じゃなくて、個人の田名部生来として『こうしていきたいです!』っていうのを書いたらすっごいスッキリした」

柏木「うん。よかった」

渡辺「かっこいい!」

田名部「10年経ってまだこんな事言ってるのかみたいな感じがすごい恥ずかしいけど、でも発言することが逆に自分にもプレッシャーになるし。前進できるんじゃないかなっていう、一歩になった」

柏木「『戦隊ものやりたい』って確かにすごい昔から言ってた」

渡辺「ねー!」

田名部「あははは!やりたいです。体を張って。なんかいろいろやりたい」

柏木「たなみん身体能力高いよね」

田名部「これからも頑張っていきたいな」


3期生のトーク 続きは後日公開とのことです。

shh2

shh3

shh4

shh5

shh6

shh7

shh8

shh9

shh10

shh12

shh13

shh14

shh15

shh16

shh17

shh18

shh19

shh20

shh21

shh22

shh23

shh24

shh25

shh26

shh27

shh28

shh29

shh30

shh31

shh32

shh33

shh34

shh35

shh36

shh38

shh39

shh40

shh42

shh43

shh44

shh45

shh46

shh47

shh48

shh49

shh50

shh51

shh52

shh53

shh54

shh55

shh56

shh57

shh58

shh59

shh60

shh61

shh62

shh63

shh64

shh65

shh66

shh67

shh68