渡辺麻友 まゆゆ 激推し 麻友のために

まゆゆこと渡辺麻友(AKB48)のための非公式応援サイト。まゆゆの最新情報や高画質画像などまとめてます。世界一渡辺麻友が好き。

    タグ:ドラマ

    6
    AKB48渡辺麻友、主演ドラマのタイトル変更について言及「タイトルは…」

    AKB48の渡辺麻友が15日、都内で行われたファッションブランドの記者発表会後に取材に応じ、4月からスタートする主演ドラマのタイトル変更問題について言及した。

    渡辺が主演予定のテレビ朝日系のドラマのタイトルは「サヨナラ、きりたんぽ」と発表されていたが、劇中には渡辺演じるヒロインが“男性の下腹部を切断”という内容が盛り込まれることが予告されていたため、タイトルのきりたんぽが男性の下腹部を連想させることなどから、きりたんぽを郷土料理とする秋田県が抗議していた。

    テレビ朝日はこれを受け、タイトル変更を決定し謝罪。公式サイトは「連続ドラマ タイトル未定」とされている。

    ■まゆゆが初めて言及
    この日、報道陣は渡辺に「ドラマのタイトルなんでしたっけ?」と質問すると「タイトルは…それはちょっと諸事情によりいろいろあってまだちょっと何も言えない…(笑)私もどうなるのかと不安な状態」と心境を吐露。

    また、撮影については「撮影直前にああなってしまったのでまだ撮影に入っていない」と話し、「いい方向に転ぶことを願う」と複雑な表情を浮かべていた。

    https://mdpr.jp/news/detail/1670818

    0308
    テレビ朝日が放送を予定している「サヨナラ、きりたんぽ」というタイトルのドラマをめぐり、秋田県が特産品の「きりたんぽ」のイメージを損なうおそれがあるとして、テレビ朝日にタイトルの変更などを申し入れたことがわかりました。テレビ朝日はドラマのタイトルの変更を決めたということです。
    秋田県が申し入れを行ったのは、テレビ朝日が制作し、来月から放送予定の連続ドラマ、「サヨナラ、きりたんぽ」です。

    テレビ朝日のホームページによりますと、ドラマは、主人公の女性が自分を裏切った男性などを「成敗する」という内容で、主人公について「平成の阿部定に!?」として戦前に女が男性を殺害し、その下腹部を切り取った「阿部定事件」を思い起こさせる記述があります。

    これについて秋田県は「秋田の特産品きりたんぽが不適切に扱われている」として、7日、テレビ朝日に対して番組タイトルの変更などを申し入れました。

    秋田県観光戦略課あきたびじょん室は、「県にも苦情が寄せられていて、大切な郷土料理であるきりたんぽのイメージダウンにつながるのではないかと懸念している」としています。

    申し入れを受けて、テレビ朝日はドラマのタイトルの変更を決めたということです。

    テレビ朝日は「放送前とはいえ、秋田県のみなさまにご不快な思いを与えてしまい、申し訳ありませんでした」とコメントしています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170308/k10010902931000.html


    プロデューサーらの配慮が、少し足りなかったですね。

    サヨナラにこだわるのなら、サヨナラ、ろくでなし。とかでしょうか。いったいどんなタイトルになるんでしょうか。

     07年にデビュー以来、ノースキャンダルを貫くグループきっての清純派が、エキセントリックなヒロイン役に挑む。

    渡辺演じる桐山さおりは、理想の結婚相手を探し続ける清楚(せいそ)なOL。しかし出会う相手は妻帯者、酒乱、DVと問題を抱えたサイテー男ばかり…。純愛を求めるがゆえに、そんな男たちの本性を知ってしまうと急変し、まるで「阿部定事件」のように、下腹部を切り取って成敗してしまうというラブコメディー作品だ。企画・原作は秋元康氏、脚本は、映画「桐島、部活やめるってよ」などの喜安浩平氏が担当する。

    http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01703030086.html 


    まゆゆが“平成の阿部定”に――!?
    前代未聞!! ショッキングな
    痛快純愛コメディードラマが
    この春、センセーションを巻き起こす!

    渡辺麻友(AKB48)が
    “純愛を求めてさまよう女”に挑む!

    みどころ
    1936年、日本中を震撼させた女がいた…!
    愛するがゆえに、男の下腹部を切断した“阿部定”。
    その衝撃から、約80年――。
    まゆゆが、第二の“阿部定”となる…!?


    ■“まゆゆ”こと、渡辺麻友主演の連続ドラマが決定!  企画・原作は、秋元康氏!
     AKB48グループメンバーが各話で主演を務めた、『AKBラブナイト 恋工場』(2016年4月~9月)。その主演女優バトルで第1位に輝いたのが、“まゆゆ”こと渡辺麻友――。見事、2017年春からスタートする連続ドラマの主演権をゲットしました。
     そんな渡辺が主演を務める連続ドラマが、ついに決定! 彼女が挑むのは、ショッキングな“愛の物語”でありながら、痛快コメディーでもあるという異色作です。企画・原作は、稀代のヒットメーカー・秋元康氏が担当! 渡辺は、純愛を貫くがゆえに、サイテー男を成敗してしまう、未だかつて無いセンセーショナルなヒロインを演じます!

    ■不器用な愛を貫く女が、ダメ男たちを成敗していく異色コメディー!
     1936(昭和11)年、世間を騒がせた“阿部定事件”。仲居・阿部定が交際相手を殺害し、その下腹部を切断したこの衝撃的な事件はのちに数々の小説や映画の題材にもなり、人々の興味を引きつけてきました。しかし、なぜそれほどまでに皆、この事件に関心を抱くのでしょうか…!? それは、単なる猟奇殺人のように見えるこの事件が、純愛が行きついた果ての犯行だったからにほかなりません。
     このドラマは、“阿部定事件”を描くものではありません。渡辺麻友ふんする主人公・桐山さおりは、“純愛を貫き通すため”“理想の男性に裏切られた復讐のため”“愛の方向性がズレたため”――出会ったサイテー男たちを成敗してしまうのです。
     一見、重く受け止められがちなテーマですが、描かれるのは、ただただ不器用な愛に突進し、砕け散っては、さまよい続けるヒロインの姿。軽快なテンポで、さおりがダメ男に思いきり鉄槌を下す、痛快な“純愛ラブコメディー”を目指していきます!

    ■脚本は、日本アカデミー賞優秀脚本賞に輝いた気鋭・喜安浩平!
     そんな斬新な物語を紡いでいくのは、新進気鋭の脚本家・喜安浩平。劇団の主宰者、俳優、声優、演出家、作家などさまざまな顔を持ち、脚本として参加した映画『桐島、部活やめるってよ』(2012年)では、第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞も受賞しています。
     今、最も注目を集める脚本家のひとり、喜安浩平が“渡辺麻友”というミューズを得て描き上げる、おかしくも刺激的な世界とは…!?

    ■女優・まゆゆ、降臨! “純愛”を突き詰める、際どいヒロインに挑む!
     前出の『AKBラブナイト 恋工場』や『AKBホラーナイト アドレナリンの夜』(2015年)、『松本清張二夜連続ドラマスペシャル 地方紙を買う女~作家・杉本隆治の推理』(2016年)などに出演、各作品で女優として確かな足跡を残してきた渡辺麻友が、危うさと純粋さを併せ持つ不思議な女をどう演じていくのでしょうか。
     ドラマは1話完結形式で、毎回、清楚な印象のさおりに惹かれる男性が登場。2人は交際をはじめますが、実は、相手は妻帯者だったり、酒乱だったり、DVだったり…。そんな男たちの本性がバレたとき、さおりは豹変し、事件が起きます。
     かつて日本中を騒然とさせた阿部定事件のように この春、『サヨナラ、きりたんぽ』が大いなる衝撃を世の中にもたらすことでしょう――! そして、ヒロイン・さおりはいつの日か、理想の男性を見つけることができるのでしょうか…!? 渡辺麻友演じるさおりの恋の行方から、目が離せません!


    主な登場人物
    桐山さおり(きりやま・さおり)(25)……渡辺麻友
    理想の結婚相手を探し続けている女。仕事は、竹細工の製造販売。
    過去にはさまざまな男性遍歴があったようだが、それを知る者はいない。婚活に精を出す彼女が出会うのは、どこかクセのある男ばかり…。最初のうちは理想の相手と信じ込み、純愛を貫こうとするのだが、次第に綻びが見えてくると、あることをスイッチに豹変! 男を成敗してしまう…!?


    渡辺麻友コメント
    お話をいただいた時は驚きました。あの衝撃的な事件、阿部定事件がドラマ化?
    私が平成の阿部定?!今まで演じた事のない役柄です!私自身も大きな挑戦となります。
    純愛を求め過ぎたが故に行き着く果て。毎週日曜深夜、皆様に刺激的な夜をお届けしたいと思います!!


    杉山登プロデューサー(テレビ朝日)コメント
    清楚なイメージ(しかも恋愛禁止のAKB)の渡辺麻友が今回演じるのはなんと平成の“阿部定”!しかもコミカルに!
    理想の純愛を求める彼女と下心を隠した男達との恋の駆け引きは、可笑しくて、可愛くて、そしてすごく…コワいです。
    喜安浩平が書く刺激的なセリフを渡辺麻友がどう演じるのか、スタッフみんなが今からドキドキしています。究極の愛に生きる“大人のまゆゆ”をどうぞお楽しみに!


    スタッフ
    (プロデューサー)
    杉山 登(テレビ朝日) 松瀬俊一郎(テレビ朝日) 出口智浩(テレビ朝日)
    中沢 晋(オフィスクレッシェンド) 内山雅博(オフィスクレッシェンド)
    (企画・原作)
    秋元 康
    (監 督)
    佐藤 太 ほか

    佐藤 太監督の主な作品は↓
    https://ja.wikipedia.org/wiki/

    (脚 本) 
    喜安浩平 松本哲也
    (制 作)
    テレビ朝日
    (制作協力)
    オフィスクレッシェンド



    ネット配信
    ■放送直後より、auの動画配信サービス「ビデオパス」と「テレ朝動画」にて配信スタート!

    「サヨナラ、きりたんぽ」公式サイト
    http://www.tv-asahi.co.jp/sayonara--/

    視聴者票2位ということでしたが、審査員票も2位で総合1位となりました。

    みなさん投票お疲れ様でした!!

    1
    AKB48グループのメンバー40人が主演を務めた恋愛ドラマ「AKBラブナイト 恋工場」の最終投票結果が発表され、渡辺麻友が1位の座に輝いたことがわかった。

    「AKBラブナイト 恋工場」
    4月よりドラマが放送され、9月14日に視聴者投票がスタートしたこの企画。先日報じられた中間発表では、宮脇咲良が1位、渡辺は2位だったが、ドラマプロデューサーや映画監督らによる審査員投票で多くの支持を集め、このたび逆転で1位となった。

    「AKBラブナイト 恋工場」第35話「私のボディガード」
    渡辺は、8月31日深夜に放送された第35話「私のボディガード」に登場。架空国家・アルマニア国の王女エミリア役を務め、彼女に15年間仕えるボディガードとの恋を見事に演じた。1位を獲得した渡辺は、2017年春よりテレビ朝日にて放送予定の連続ドラマで主演を務める。スタッフからのサプライズ報告に、渡辺は「心臓止まった! うそ!? えー、やったー! うれしい!!」と興奮気味に喜びを表した。続けて「今まで演じたことのない新しい役に挑戦してみたい。悪役や、ちょっと変わった役も(笑)」と意気込みを述べている。

    なお、2位には第11話「過去からのラブレター」の山本彩、3位には第33話「結婚の理由」の島崎遥香、4位には第29話「ぐるぐるカーテン」の宮脇、5位には第39話「恋愛禁止」の松井珠理奈がそれぞれ選ばれた。各話をもう一度観たい人は、auの動画配信サービス・ビデオパスにて独占見放題配信されているテレビ版とネットオリジナル版をチェックしよう。また、テレ朝動画では個別課金配信で視聴可能だ。

    news_xlarge_AKB_lovefactory20160929_01

    news_xlarge_AKB_lovefactory20160929_02

    渡辺麻友 コメント

    1位になった感想
    まだびっくりして信じられないです。前回の「アドレナリンの夜」も2位でしたし、今回の中間発表も2位だったので、リベンジで絶対1位を獲りたかったので、めっちゃうれしいです。ありがとうございます!

    主演作「私のボディガード」について
    私が演じたのがアルマニア国のエミリア王女という、そもそもぶっ飛んだ設定で(笑)。いつもは日本人を演じるのがほとんどなので(笑)難しさもあったんですけど、すごく演じがいがあって楽しかったです。

    挑戦したいジャンルや役柄について
    コメディに興味ありますね。今まで演じた役は等身大の女の子が多かったので、逆に今まで演じたことのない新しい役に挑戦してみたいなって思います。悪役でもいいですし、ちょっと変わった役も(笑)。アイドルである私とはかけ離れた役をやりたいですね。

    半年間の演技バトルを振り返って
    視聴者の皆さんには、キスシーンあり、ピュアなラブありと、それぞれのメンバーによるさまざまなラブストーリーを楽しんでいただけたのではないでしょうか。私も含め、全員がまたひとつ成長できたと思います。たくさんのメンバーと競い合った中で1番を獲らせてもらったので、1位としてみんなの分もがんばってよい作品を作りたいと思います!

    投票してくれたファンへのメッセージ
    今回、たくさんの皆さまの応援のおかげで、1位を獲らせていただくことができました! 本当に感謝の気持ちでいっぱいです! ぜひ来年春のドラマを楽しみにしていてください!

    http://natalie.mu/eiga/news/203529
    【AKBラブナイト恋工場 渡辺麻友1位おめでとう!】の続きを読む

    AKBラブナイト 恋工場「私のボディガード」主演:渡辺麻友
    #35「私のボディガード」 結婚式を抜け出したアルマニア国の王女・エミリア(渡辺麻友)は、15年間自分を守ってきたボディガードのケイ(大貫勇輔)に正直な気持ちを打ち明ける。だが、ケイは自らの恋心を封印し、ボディガードとして彼女を一生守ることを決めたのだと言う。式場に戻ろうとしたその時、何者かがエミリアに向かって銃を撃とうと!ケイは身の危険を顧みず、彼女の前に立ちふさがるが…。
    【主演】渡辺麻友(AKB48 チームB) 【出演】大貫勇輔

    AKBラブナイト恋工場_渡辺麻友1 【渡辺麻友主演 AKBラブナイト 恋工場#35「私のボディガード」キャプチャ】の続きを読む

    ──はじめて脚本を読んだときの感想を教えてください。

    まず役の名前が日本人じゃなかったので、びっくりでした。日本人じゃない役は、はじめてだったんですけど、いつかやってみたいと思ってたので、おどろきつつもうれしかったです。設定も私の日常からは遠い世界だったので、それを演じるのは楽しみでしたね。



    ──演じた人物と似ているところはありますか?王女なので、立場上自由に恋愛できない役どころでした。

    私もアイドルをやってて、制限された世界で生きてるので、共通点は感じましたね。境遇は少し似てるかもしれないですけど、育ちが良くて上品だったり、お嬢様口調なところは、なじみがなかったので慣れるまで時間がかかりました。



    ──ドラマのみどころはどこですか?

    お嬢様とボディガードの恋愛という、めずらしいお話です。身分の違いの壁がある、切ない恋模様を見て、胸がきゅーっとなってもらえたらうれしいです。



    ──今回のドラマは恋愛がテーマですが、好きな恋愛作品はありますか?

    宝塚のお芝居で「星逢一夜(ほしあいひとよ)」っていう作品です。三角関係の悲恋を描いた、誰も報われないお話で。宝塚ではめずらしく、ドロドロと生々しい感じ。切なくて、はかなくて、見てるだけで感情移入しすぎて号泣しちゃうんですけど、大好きな作品です。



    ──ご自身の初恋の思い出を教えてください。

    小さいころからマンガが大好きだったので、最初に熱を注いだのはマンガのキャラクターの男の子でした。すごい流行ってた少女マンガの「Dr.リンにきいてみて!」に出てくる、常盤崇(ときわたかし)くんがすっごい好きで、バレンタインにチョコも手作りしたんですよ!でも、もらいに来てくれなかった…。



    主演メンバーの中で、自分が男性だったら付き合いたい相手は?

    松岡菜摘(HKT48)

    かわいい子がいいですよね、やっぱり。迷うな~…あ、なつがかわいいです! 笑顔がかわいいし、その笑顔を見てるだけで幸せになれますね。




    「私のボディガード」あらすじ

    結婚式を抜け出したアルマニア国の王女、エミリア(渡辺)は15年間自分を守ってきたボディーガードのケイ(大貫勇輔)に正直な気持ちを打ち明ける。だが、ケイは自らの恋心を封印し、ボディーガードとして彼女を一生守ることを決めたのだと語る。式場に戻ろうとしたそのとき、何者かがエミリアに向かって銃を撃とうとする。ケイは身の危険を顧みず、彼女の前に立ちふさがるが…。

    https://logirl.favclip.com/article/detail/5769268033486848/
    a

    b

    c

    d

    e

    f

    g

    actress_bnr

    9月14日から投票開始となります。
    まゆゆの演技が良かったら投票しましょう。
    http://www.tv-asahi.co.jp/akb-love/actress/

     AKB48グループのメンバーが出演し、テレビ朝日(※一部地域除く)で放送中のドラマシリーズ『AKBラブナイト 恋工場(こいこうじょう)』(毎週水曜 深夜1:41)。31日(深1:45~1:56※レギュラー放送から4分遅れ)放送の第35話「私のボディガード」に、AKB48・渡辺麻友が主演する。

     昨年10月から今年3月まで放送された前のドラマシリーズ『AKBホラーナイトアドレナリンの夜』の演技バトルでは惜しくも2位に終わり、「今回こそは1位を獲って連ドラ主演を勝ち取りたいです」と意気込んでいる。

     渡辺が演じるのは、アルマニア国の王女・エミリア。幼い頃から15年間自分のそばにいたボディガードに命を守られながら自らの想いを告白するロマンティック・ラブストーリー。「日常ではほぼないだろうな、というシチュエーションだったし、そういう役をやってみたかったので面白かったですね。でも、観ている方も切なくなるストーリーだと思います」と見どころを語っている。

     自身の理想の恋愛は「なかなかイメージが沸かない」という渡辺。「中1からAKBに入ったので、制服でデートしたりする人生もいいな。アウトドア派ではないので、家でDVD観るのもいいですね。告白されるとしたら、凝った演出とかいらないから、面と向かって直接、自分の言葉で言ってほしい。私から告白するとしたら『あなたと一緒の時間をいっぱい過ごしたいな』と言いたい」。

     一方、お芝居では「普通の日常の中の恋愛ドラマとか、一途に1人の男性を追いかける役もやってみたい」と意欲的だった。

     同日深夜2時から、SKE48・江籠裕奈主演の第36話「50歳差の恋人」が、auビデオパスとテレ朝動画で配信される。内気で人見知りな高校生・ヒナ(江籠)と、彼女が病院で知り合った老人・染谷との不思議な物語を描くファンタジック・ラブストーリー。ドラマの中で彼女がシュークリームにストローを挿して吸うシーンがあり、江籠は「これを機会に流行らせたいです!」と、意気込みを語る。

     9月7日には『恋工場』全40話をそれぞれ一冊の本にまとめた電子写真集『AKBラブナイト恋工場デジタルストーリーブック』(800円・税抜)が発売される。前半は心ときめくストーリーブック、後半は撮影の合間に見せるオフショットで構成。すべてヒロインの写真で構成されており、ストーリーに沿った疑似恋愛が楽しめる。第1弾は第1話から第10話までで、毎週10話ずつ計4週にわた渡ってリリースされる。

    オリコンスタイル
    http://www.oricon.co.jp/news/2077505/full/
    2077505_201608290336372001472465143c

    2077505_201608290336779001472465143c

    2077505_201608290336903001472465143c

    2077505_201608290337015001472465143c

    2077505_201608290337194001472465143c


    actress_bnr

    9月14日から投票開始となります。
    まゆゆの演技が良かったら投票しましょう。
    http://www.tv-asahi.co.jp/akb-love/actress/



    CROW'S BLOOD、終わっちゃいましたね。
    週末の楽しみが一つなくなった・・・

    このページのトップヘ

    アクセスランキング