渡辺麻友 まゆゆ 激推し 麻友のために

まゆゆこと渡辺麻友(AKB48)のための非公式応援サイト。まゆゆの最新情報や高画質画像などまとめてます。世界一渡辺麻友が好き。

    タグ:ドラマ

    松本清張二夜連続ドラマスペシャル 第一夜「地方紙を買う女」
    2016/03/12 21:00 ~ 2016/03/12 23:06 (126分)

    金沢で青酸カリでの男女心中事件が起こる。その直後、金沢の新聞に掲載されている杉本(田村正和)の小説を「購読したい」との連絡が、東京に住む芳子(広末涼子)から届く。なぜ、途中から読みたいのか?様々な疑問を抱き、杉本が調べ始める。芳子が執拗に探っている心中事件。本当に心中だったのか?他殺だとすれば、芳子がどう関わったのか?すべては真実が知りたいため…。調べるほど、杉本の前に芳子が姿を現し惑わせていく!
    田村正和、広末涼子、水川あさみ、北村有起哉、片瀬那奈、駿河太郎、渡辺麻友(AKB48)、木下ほうか、須藤理彩、遊井亮子、西田尚美、佐々木すみ江、佐野史郎、寺島進、大杉漣、橋爪功
    松本清張『地方紙を買う女』(新潮文庫「張込み」所収)

    地方紙を買う女_渡辺麻友1 【「地方紙を買う女」渡辺麻友キャプ】の続きを読む

    006l
    俳優の田村正和が7日、東京・六本木のテレビ朝日で行われた同局系『松本清張 二夜連続ドラマスペシャル』(12日21:00~23:06、13日21:00~23:10)の記者会見に登場。打ち上げでAKB48の渡辺麻友に「恋するフォーチュンクッキー」のダンスをやってもらったことを「撮影よりもそれが一番楽しかった」とクールに振り返った。

    『松本清張二夜連続ドラマスペシャル 第一夜「地方紙を買う女~作家・杉本隆治の推理」』に主演する田村正和
    田村は、第一夜「地方紙を買う女~作家・杉本隆治の推理」に主演。地方紙で連載を持つ杉本(田村)が、他殺の可能性があると疑われる心中事件と、自分の小説を面白いという理由で購読依頼してきた謎の女性・芳子(広末涼子)との関連性をさぐり、次第に真犯人を追い詰めていくストーリーだ。今作のオファーを受けた田村は「本が面白かったので、ぜひやらせていただきたい」ということで快諾したという。

    渡辺は、杉本の自宅にも招かれるほど親しい芸者・雪乃役で登場。田村がAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」を知っていることを聞きつけたスタッフがオファーしたことで出演する。

    この撮影の打ち上げで、田村は隣に座っていた渡辺に「フォーチュンクッキー、いい曲だよね」と話していたところ、スタッフが悪乗りで「歌え!歌え!」とリクエスト。その場で田村は一応「やめろよ」と制止したそうだが、心の中では本当は歌ってほしかったそうで、結局、渡辺はダンスを披露することになったという。

    田村はこの時のことを「スタッフも悪乗りで、一緒に振りをしていたけど邪魔だった」と文句を言いながら、「撮影よりもそれが一番楽しかった」と満足顔。今回のロケ地である石川・能登半島の印象を聞かれて、最初こそ「日本海がすごい寂しげで、荒々しくて、本当にこのドラマにぴったりな情景でした」と振り返ったものの、結局「何よりも、麻友ちゃんの振りを見れたことが一番の収穫でした」と思い出にひたっていた。
    http://news.mynavi.jp/news/2016/03/07/322/

     今回のドラマでは、田村は小説家の役、渡辺は芸者役として登場するが、撮影終了の打ち上げ食事会で、2人は隣同士となった。そこでスタッフたちが、渡辺に歌をリクエストしたという。田村は「歌わなくてもいいよ」と言ったというが、渡辺は「私、歌います」といって「恋するフォーチュンクッキー」のダンスを披露したという。

     「スタッフが悪ノリしちゃってね。歌はCDだったけど、(ダンスは)本当にかわいかった。撮影よりもそれが一番の思い出」と、うれしそうな笑顔を浮かべた。

     またドラマの舞台となった石川県の景色について聞かれた田村は「日本海が寂しげでね。本当にドラマにぴったりだった」と振り返ったが「麻友ちゃんの笛吹く姿見たのもよかった」と、渡辺が芸者姿で笛を吹くシーンについても触れ、再び頬を緩めていた。
    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/07/0008869644.shtml

     俳優田村正和(72)が7日、都内でテレビ朝日の松本清張2夜連続ドラマスペシャル「地方紙を買う女~作家・杉本隆治の推理」、「黒い樹海」(12、13日午後9時)の会見に出席し、芸者役で共演したAKB48の渡辺麻友(21)との思い出を語った。

     渡辺が、ドラマの打ち上げで同グループのヒット曲「恋するフォーチュンクッキー」を披露したという。田村は「いい曲だよね。私の隣に来て、CDを流して振りを全部やってくれた。悪のりしたスタッフも一緒に踊って、それはちょっと邪魔だったけど、麻友ちゃんは本当にかわいい。撮影よりもそれが一番の収穫でした」と話した。
    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1613764.html


    まゆゆがんばってますね!しかし田村正和さんの隣で打ち上げって。すごい~

    AKB48の渡辺麻友が、テレビ朝日系『松本清張二夜連続ドラマスペシャル』の第1話に放送される「地方紙を買う女」(3月12日よる9時~)に出演することが決定。初めて松本清張作品に出演する渡辺は、芸者・雪乃(本名・吉田晴美)役として、田村正和・橋爪功のベテラン俳優2人と共演を果たした。

    1


    ■渡辺麻友「手汗がブワッと出てくるほど」緊張
    今回の出演は、田村がAKB48のヒット曲「恋するフォーチュンクッキー」を知っており、それを聞きつけたスタッフが渡辺にオファーをしたことで実現。大先輩・田村との共演を「本当に夢のような話」だと語る渡辺は、「1分、1秒を噛みしめながら精一杯演じようと取り組みました」と振り返った。

    また最初の撮影が田村・橋爪とのシーンだったことから「大先輩お2人に囲まれてすごく緊張して、手汗がブワッと出てくるほどでした(笑)」とも回顧。「お2人ともすごく優しく接してくださったので、緊張もほぐれて無事に演じることができて良かったです」と明かした。

    2


    ■大先輩・田村正和&橋爪功を前に堂々たる演技
    渡辺が演じた雪乃は、芸者とはいえ杉本(田村)の自宅で杉本、東山(橋爪)のお酒に付き合うほど親しい間柄であり、特に東山は本名の「晴美」と呼び、若い晴美の魅力にゾッコンといった様子。からかうように言い寄る東山に対して「やだ、気持ち悪い」とやさしく突き放すほか、お座敷では2人を前に得意の笛を披露するシーンにも挑んだ。

    同作に参加するにあたって、「雪乃は自分の実年齢よりは上。そんな芸者さんをイメージしながら、所作指導の先生からのご指導も踏まえて、しなやかな美しい所作を意識しました」と紹介。同作で初めて芸者役に臨んだ渡辺だが、劇中では、若いながらもしっとりとした魅力あふれる演技を披露した。(modelpress編集部)

    ■渡辺麻友コメント
    Q:今回のドラマ出演の依頼を受けて、ご感想は?
    A:歴史ある松本清張さんのドラマシリーズに携わることが出来るということにとても驚きました。大先輩である田村正和さんと共演させていただくというのも本当に夢のような話。なかなかこのように貴重な経験をさせていただくことはないので、1分、1秒を噛みしめながら精一杯演じようと取り組みました。田村さんとお会いする朝、家を出るときから緊張していました。しかも、最初に撮影するシーンが田村さんと橋爪さんとの3人のシーン。大先輩お2人に囲まれてすごく緊張して、手汗がブワッと出てくるほどでした(笑)。でも、お二人ともすごく優しく接してくださったので、緊張もほぐれて無事に演じることができて良かったです。

    台本をいただいてからは、田村さんだったらどういう風に杉本を演じられるのかな、などとイメージしながら読ませていただきました。大先輩の広末(涼子)さん、水川(あさみ)さん、橋爪さんの演技も想像していると、いち視聴者のような気持ちになって一人でワクワクしていました。

    Q:松本清張作品も初めてなら、芸者役も初めて。演じるにあたって苦労したことは?
    A:雪乃は自分の実年齢よりは上。そんな芸者さんをイメージしながら、所作指導の先生からのご指導も踏まえて、しなやかな美しい所作を意識しました。とにかく細かいところから気を付けて、芸者さんを精一杯演じました

    Q:ドラマに対する意気込み
    A:私が出演させていただくシーンはドラマのごく一部ではありますが、たくさんの大先輩の皆様と演じさせていただいて、すごく勉強になりました。皆さんの素晴らしいお芝居とストーリーで1分、1秒も目が離せないドラマになっています。皆様にもぜひ楽しんでご覧になっていただければうれしいです。

    http://mdpr.jp/news/detail/1565941

    金曜プレミアム・SPドラマ『大奥』第一部~最凶の女~
    2016/01/22 21:00 ~ 2016/01/22 22:5
    放送局 フジテレビ

    「11年ぶり大奥が復活!大奥史上最強の悪女の波乱の生涯!復讐誓い大奥へ…牢獄で咲いた禁断の愛…その衝撃の結末!」沢尻エリカ 成宮寛貴 渡辺麻友 浅野ゆう子 ほか

    大奥での地位を着々と固めていたお美代はある日、智泉院の庭にいた女中・お志摩(渡辺麻友)と言葉を交わす。大奥で巻き起こる争いごとをどこか冷めた目で見ているお志摩に強く興味を引かれたお美代はその後度々密会を重ねるようになり、ついに禁断の恋愛関係に進んでしまい…。



    大奥_渡辺麻友1 【『大奥』第一部~最凶の女~【渡辺麻友専用】】の続きを読む

    aaa
    (一部抜粋)

    個性豊かで素敵な役者さんばかりだったので共演できて楽しかったです。浅野ゆう子さんは絶対的な安定感というか、現場入ったらすごいオーラがあってお美しくて素晴らしかったです。また一部で共演させていただいた渡辺麻友さんはとても可愛くて役にはまっていたと思います。

    大奥 沢尻エリカさんインタビュー
    http://www.fujitv.co.jp/oh-oku/interview01.html

    出演者のインタビューが順次公開のようなのでまゆゆのインタビューも楽しみですね。

    テレビ朝日2015/10/29 01:45
    #7「エレベーター」 残業を終えて帰宅を急ぐOL・真由美(渡辺麻友)。慌ててエレベーターに飛び乗ると、突然エレベーターが停止してしまう。パニック状態になり非常通話ボタンを押すが、全く応答がない。すると、なぜかドアが開き一人の男が乗ってきた。扉が閉まると男は「やっと…二人きりになれましたね」と近づいてくる。叫びながら防犯カメラに向かい助けを求める真由美の体に、男の手が伸びてきて…。
    【主演】渡辺麻友(AKB48 チームB) 【出演】龍坐、AKB48グループメンバー ほか
    ドラマ・映画界のプロが語る“アドレナリンの夜”
    長坂 信人 氏

    株式会社オフィスクレッシェンド代表取締役。「TRICK」「ケイゾク」「SPEC」「20世紀少年」など数多くのドラマ・映画の制作に携わっている。

    <スペシャルコメント>
    思わず見入ってしまう迫力でした。やっぱりさすがの演技力ですね。最後まで笑顔ナシ、眉間にしわを寄せるまゆゆというのも貴重ではないでしょうか。映像面ではカメラアングルが制限されるエレベーターという密室の中、さまざまなテクニックを駆使していました。特にスマホの内側から見た映像はうまく考えましたね。スタッフ・キャストの一体感が伝わる作品です。

    http://www.tv-asahi.co.jp/akb-horror/story/0007/


    アドレナリンの夜_渡辺麻友1 【アドレナリンの夜 7話 渡辺麻友「エレベーター」】の続きを読む

    まゆゆもオーディションを受けていたんですね。
    役どころが合わなかったのか落ちてしまっていたようですが、こういう活動もしているんだ!って思うとうれしくなりますね。

    これからも応援がんばりましょー!

    dorama

    ザ・テレビジョンがおくるTVドラマの人気投票企画!
    ドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNO.1を決定する特集です。最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰し、発表いたします。

    ということで、渡辺麻友と、戦う!書店ガールに投票しましょう!

    第85回ドラマアカデミー賞 最優秀作品賞
    http://thetv.jp/feature/dramaacademy/bestdrama/

    このページのトップヘ

    アクセスランキング