渡辺麻友 まゆゆ 激推し 麻友のために

まゆゆこと渡辺麻友(AKB48)のための非公式応援サイト。まゆゆの最新情報や高画質画像などまとめてます。世界一渡辺麻友が好き。

    タグ:宮脇咲良

    7月23日は「CROW'S BLOOD」の1話だけでなく、制作舞台裏の密着ドキュメントも少し放映されるようですね。

    626bce51
    日米合同製作ドラマ「CROW'S BLOOD」AKB48がハリウッドに挑戦!SP
    2016年7月23日(土) 25時30分~26時30分

    秋元康×ハリウッド×AKB48のHuluオリジナルドラマ「CROW’S BLOOD」の制作舞台裏を密着ドキュメント!そしてEpisode1のみ待望の地上波解禁!

    番組内容
    数々の刺激に満ちた大スケール&高クオリティーのハリウッド級ホラーサスペンスドラマ「CROW’S BLOOD」。製作総指揮は映画『ソウ』シリーズで世界中を震撼させたハリウッドの鬼才ダーレン・リン・バウズマン。彼の放つ独特の映像世界にAKB48のトップメンバーたちが全身全霊を捧げて挑戦する姿に密着。そして背筋が凍りつく物語と世界トップレベルの映像美が生み出す衝撃作が遂に地上波に解き放たれる!

    クレーンゲームの神の手がCROW'S BLOODキャンペーン。
    毎日動画を見ることで、1日5回まで無料でゲームができます。
    さらに期間限定のコラボグッズもあります。

    このアプリ、電池消費激しいのと、すぐスマホ熱くなります・・・

    km1

    km2

    kami3


    crows
    渡辺麻友と宮脇咲良が主演の『CROW’S BLOOD』のホームページも開設されました。

    まだ公にされている部分は少ないですが、一部キャストなどが公開されています。
    cast


    Huluオリジナルドラマ「CROW'S BLOOD」公式サイト
    http://crows-blood.com/






    宮脇咲良、まゆゆの制服姿絶賛 渡辺麻友&宮脇咲良連ドラW主演『CROW’S BLOOD』
    https://youtu.be/34yApOg8qTY




    AKB48渡辺麻友&HKT48宮脇咲良、日米共同制作ドラマ主演 ハリウッド進出に意欲 Hulu「CROW’S BLOOD(クロウズ ブラッド)」会見
    https://youtu.be/rlnSZVznm2k




    【TNS動画ニュース】AKB48・渡辺麻友とHKT48・宮脇咲良が「Hulu」オリジナルホラー・サスペンスでW主演!
    https://youtu.be/MPmaEwMsJio

    1-560x600

    Ci5zEOFWYAE7jFU

    渡辺麻友&宮脇咲良、連ドラW主演 『ソウ』監督が製作総指揮で“ハリウッド級”

     AKB48の渡辺麻友とHKT48の宮脇咲良が7月よりHuluにて配信される連続ドラマ『CROW’S BLOOD』(全6話)にW主演することが明らかになった。同作は『ソウ2』よりシリーズの監督を務めたダーレン・リン・バウズマン製作総指揮、秋元康氏の企画・原作によるホラー・サスペンスとなっており、ダーレンが引き連れて来日した撮影監督たちによる日米共同製作“ハリウッド級”連ドラに挑戦。渡辺は「こんなビッグチャンスはめったにない。女優として責任と自覚を持って与えられた役を最後までやり遂げたい」とやる気をみなぎらせている。

     物語のテーマは再生医療が目覚ましい発展を遂げ“命の再生”という神の領域にも手が届こうとしている現在において、愛する人を失ったときその肉体や命を再生することは許されるのか。国際ドリー女学園3年生の磯崎薫(渡辺)は謎の転校生・戸川真希(宮脇)が現れてから次々起こる奇妙な事件に恐怖を覚えつつ、真相を解明しようと行動を開始する。劇中には学園に通う女生徒役としてAKBメンバーも多数出演する。

     宮脇が演じる真希は人とのコミュニケーションに興味を示さないようにみえて薫にだけ自ら接近。人間とも思えない違和感を醸し出し、カラスのように黒い鼻血を出すという難役だ。さらに宮脇は「出演のAKBメンバーコンプリートするくらい(劇中で)キスしてる」と衝撃的な予告も。「カメラリハーサルからがんがんキスしちゃってます」と茶目っ気たっぷりに微笑んだ。

     AKB劇場やコンサートで2人のアイドルとしての姿を観覧したというダーレンは「ただ単にかわいいアイドルという印象だったので正直、心配していたけど、皆さんの演技を見たらただ単なるアイドルじゃない。女優さんなんだとすぐに確信した」と太鼓判。「咲良さんはすごい怖い女の子に豹変するし、麻友さんも、その怖いキャラクターを観ている受け身の演技が素晴らしくて一緒に恐怖を共感できる」と興奮気味に明かした。

     W主演ということで互いの演技について渡辺は「後輩なのにそれを感じさせないくらい役に入り込んでいる。撮影していないときも戸川真希に見えて普段の咲良も怖く感じる」と称えると宮脇も「麻友さんは22歳なのに制服が似合ってる!」と絶賛。「私が怖がらせようと攻めると麻友さんのひとつひとつのリアクションを見て演じやすい。2人で一緒につくっているのが楽しい」と満足げに明かした。

     このほか、薫とともに事件の調査に乗り出すオカルト雑誌記者・沢田に三浦貴大、最先端再生医療に尽力する医師・瀬戸に別所哲也、薫たちの担任・小笠原に長谷川朝晴、瀬戸の補佐をする研修医・橘に郭智博が起用。AKBトップメンバーの2人が女優としてどのような新境地をみせるのか、期待したい。

    http://www.oricon.co.jp/news/2071323/full/
    【渡辺麻友と宮脇咲良主演『CROW’S BLOOD』会見画像まとめ】の続きを読む

    11/18発売 AKB48 7thアルバム一部収録内容決定のご連絡

    今作は、AKB48の10周年を彩る「ベストアルバム」となっております!!
    また、以下にありますとおり、新録曲も充実!!劇場盤を含めると、14曲の新曲になります!!

    <シングルコンプリート盤>【3CD+DVD】
    【品番】KIZC-90343~6
    【価格】¥5800+税  
    【収録内容】
    =CD= AKB48シングル全43曲+新曲3曲収録予定

    【DISC 1】
    1. 桜の花びらたち(2015 BEST ver.)※仮タイトル
    2. スカート、ひらり(2015 BEST ver.)※仮タイトル
    3. 会いたかった
    4. 制服が邪魔をする
    5. 軽蔑していた愛情
    6. BINGO!
    7. 僕の太陽
    8. 夕陽を見ているか?
    9. ロマンス、イラネ
    10. 桜の花びらたち2008
    11. Baby!Baby!Baby!
    12. 大声ダイヤモンド
    13. 10年桜
    14. 涙サプライズ
    15. 言い訳Maybe

    【DISC 2】
    1. RIVER
    2. 桜の栞
    3. ポニーテールとシュシュ
    4. ヘビーローテーション
    5. Beginner
    6. チャンスの順番
    7. 桜の木になろう
    8. Everyday、カチューシャ
    9. フライングゲット
    10. 風は吹いている
    11. 上からマリコ
    12. GIVE ME FIVE!
    13. 真夏のSounds good!
    14. ギンガムチェック
    15. UZA
    16. 永遠プレッシャー

    【DISC 3】
    1. So long!
    2. さよならクロール
    3. 恋するフォーチュンクッキー
    4. ハート・エレキ
    5. 鈴懸の木の道で...(略)やや気恥ずかしい結論のようなもの
    6. 前しか向かねえ
    7. ラブラドール・レトリバー
    8. 心のプラカード
    9. 希望的リフレイン
    10. Green Flash
    11. 僕たちは戦わない
    12. ハロウィン・ナイト
    13. クリスマスイブに泣かないように(新曲)【歌唱メンバー:宮脇咲良、渡辺麻友】
    14. 始まりの雪(新曲)【歌唱メンバー:大島涼花、高橋朱里、田野優花、武藤十夢】
    15. ロザリオ(新曲)【歌唱メンバー:入山杏奈、加藤玲奈、木﨑ゆりあ、兒玉遥】 

    =DVD=
    ・AKB48グループメンバーエア握手会2015~総勢300名以上のバーチャル握手映像~(仮)
    ・AKB48 10年間の軌跡映像(仮)
    【封入特典】イベント参加応募抽選券封入予定、生写真5枚封入予定、
    100P超えブックレット付属(シングル全曲完全解説+写真集+α)

    http://ameblo.jp/akihabara48/entry-12082335635.html

    渡辺麻友と宮脇咲良Wセンター曲、「希望的リフレイン」が5位!
    さくらたんヲタさんがんばりましたね。

    みんな、君だけが♪のところで、まゆだけが♪ってやったの!?
    rihu1 【渡辺麻友と宮脇咲良Wセンター曲「希望的リフレイン」5位!リクエストアワー2015】の続きを読む

    他のまとめサイトやニュースで見た人へ。
    芸能関係者って、誰やねん!怪しすぎるでしょ。
    東京スポーツは飛ばしなども多く、記事の信憑性が疑われることで有名ですから鵜呑みにしないようにしてください。

    東京スポーツ wikipedia
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84

    a3857ef8003f840bfd8f10b38daccf2c
    AKBまゆゆ、宮脇咲良“断絶”危機乗り越え大記録達成

     人気アイドルグループ・AKB48が16日、都内で「第4回AKB48紅白対抗歌合戦」を開催。今年は渡辺麻友(20)率いる白組が優勝した。最後には史上初となるミリオン20作目を達成した38枚目シングル「希望的リフレイン」を総勢154人のメンバーで熱唱したが、その舞台裏では“ダブルセンター”を務めた渡辺、HKT48の宮脇咲良(16)が、あわや“断絶”の大ピンチに見舞われていた。2人に何が起きていたのか――。

     審査員として参加した米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手(26)が“始球式”を担当。客席にピンクのボールを投げ入れ、本家NHK紅白に劣らず盛大に開幕した。

     最大のサプライズは宮脇、AKB48の島崎遥香(20)ら7人が、大人気アニメ「妖怪ウォッチ」とコラボして、グループ「ニャーKB with ツチノコパンダ」を結成したこと。“トリプルセンター”の島崎、宮脇、松井珠理奈(17)が、人気キャラのジバニャンらと一緒に新曲(発売日、タイトル未定)をかわいいダンス付きで初披露した。

     大盛況のAKB紅白のラストを飾ったのは、発売初週で約113万枚を売り上げ、シングル総売り上げ枚数で女性アーティスト初の3000万枚超えを達成した最新シングル「希望的リフレイン」だ。

     ミリオン獲得数で史上初の20作目となった同シングル。ただ、この快挙の裏で“ダブルセンター”を務める渡辺、宮脇が実は、断絶寸前のピンチに見舞われていたことは知られていない。

    「10月中旬、渡辺の(写真投稿サイト)インスタグラムの裏アカウントに投稿していた画像やテキストが、流出する出来事があった。“腐女子”な渡辺を見られるショットばかりだったのですが、一部で宝塚歌劇団の女優とツーショットを撮った宮脇に対し、嫉妬心を燃え上がらせた渡辺が攻撃的な投稿をしていたんです」(芸能関係者)

     渡辺はCS放送の宝塚専門チャンネルに加入し、帰宅後、宝塚の番組を見ることを励みに日々レッスンを頑張るという熱狂的なファンだ。

     ツーショット写真を発見した渡辺は嫉妬心と、宮脇が「現役タカラジェンヌはSNSに出演禁止」というおきてを破ったことに「はい殺意」と怒りのコメントを投稿。さらに、真偽不明の別人物による「整形モンスター」と宮脇を攻撃した書き込みが、ネット上で「渡辺の言葉では」と誤解されたことも、2人の仲をこじらせる原因になったという。

    「渡辺と宮脇のダブルセンターなので、2人一緒の取材や仕事が多く組まれていた。それまでほとんど話したことがなかったので、流出騒動を知った宮脇はショックを受けて…。宮脇の精神状態を考慮し、2人での取材予定が一旦“白紙”になったほどだった」(前同)

     6月の総選挙で前年26位から11位に躍進した宮脇だが、所属する「HKT48」ではセンター経験なし。いきなりの大抜てきでプレッシャーに悩んだ時、“あの騒動”が起こっただけに、精神的に不安定になるのも無理はなかったかもしれない。

     そんな状況を打開するため、渡辺は動いた。

    「流出騒動後、2人での取材前に渡辺が宮脇のもとへ出向き『ごめんなさい』と謝った。詳しい内容は2人にしか分からないですが、最後に“咲良ちゃんの力が必要だから一緒に頑張ろう”という趣旨の発言で頭を下げたと聞いてます。大先輩からの謝罪で宮脇も切り替えた。加入前から子役で頑張ってきた宮脇は小さなことで折れない気持ちの強さがある」(前同)

     渡辺ほどではないが、宮脇も宝塚ファン。謝罪後は2人で初めて“ヅカ(宝塚)トーク”をして雪解け。仕事も息ピッタリにこなしていった。

    “改心”した渡辺は騒動後、宮脇らの信頼を取り戻そうと、体調不良に悩まされながら必死に仕事に取り組んだという。

    「渡辺は10月末から2週間休養してしまったほど。休養直前、宮脇は陰で苦しい表情を見せながら、渡辺が仕事で何事もなかったように笑顔を見せている姿に驚いていた。新曲にかける渡辺の並々ならぬ思いを感じたと思う」とは前出の関係者。

     大ピンチを乗り越えてグループの大記録達成に貢献したセンター2人。きっと忘れられないシングルになったはずだ。

    (東スポ)
    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/346551/

    このページのトップヘ

    アクセスランキング